おでんと関東煮の違いと歴史について
おでん専門店、創業弘化元年の「たこ梅」  
「おでん」と「たこ甘露煮」の「たこ梅(た古梅)」のお取り寄せ(通信販売)ホームページのトップページへ 「おでん」と「たこ甘露煮」の「たこ梅(た古梅)」の実店舗ホームページへ
通販(通信販売・お取り寄せ)ホームページのトップページへ 会員登録について ご注文方法について 支払い方法・送料について 返品・交換について 買い物カゴの中を見る
おでん(関東煮/かんとだき)
たこ甘露煮
suzu
Tシャツ
商品価格一覧
サイトマップ
よくあるご質問
お問い合わせ
ご意見・ご感想
個人情報の取り扱い
特定商取引に関する表示
更新履歴
おすすめリンク
お店(実店舗)ご案内
おでんの歴史
「たこ梅」の歩み
紹介記事 & TV番組
取材について
お取引 及び 業者様
 
通販の営業日

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

【受付日→最短発送日】
土日月火水→金
木→土
金→火


緑枠 発送可能日
赤枠 定休日

電話受付:
平日の月火木金 9:30〜16:30
TEL 06-6631-5674

インターネット・FAX は
24時間 365日受付中!
 
FAX 06-6631-5675



たこ梅 実店舗でのキャンペーン等は、こちらの連絡先では、対応いたしておりません
 

直接、実店舗にお問い合わせ下さい
連絡先はコチラをクリック
ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます
 
おでん・関東煮の歴史
  「おでん」と「関東煮」(かんとだき)  
 
  「おでん」は、みそ田楽などの田楽がルーツと考えられています。

その名残が、おでん種を串にさすことや芥子などをつけて食べることにあるようです。地域によっては、みそだれをかけて食べるところや名古屋では、今でも、味噌おでんが普通に食べられています。

ところで、田楽とは、昔、神社仏閣への奉納の舞として踊られていた「田楽舞」に由来します。

一本のみの竹馬のような道具に乗って踊ったため、串に豆腐やこんにゃくなどを刺した食べ物をここから「田楽」と呼ぶようになったようです。

さて、「関東煮」(かんとだき)ですが、大阪では、おでんを「関東煮」(かんとだき)といっておりました。
現在でも、年配の方は、「かんとだき」とおっしゃいます。
 
     
  「関東煮」と「広東煮」  
     
  関西では、昭和40年ころまで、おでんを普通に「関東煮(かんとだき)」と呼んでおりました。 いまでも、「関東煮」とおっしゃる年配の方は、多いようです。  「たこ梅」でも、おでんを「かんとだき」と称しておりました。

「たこ梅」の初代「岡田梅次郎」が、江戸時代末期、中国の人たちが、大きな鍋で肉や野菜をたくさんいれた「ごった煮」を作って食べておられる場に、たまたま、いきあたったそうです。

一口いただいて、「これは旨い!」と思い、帰ってから、早速にこいつを商売にできないかと考えました。
そして、工夫を重ね「たこ梅」のおでんが完成したそうです。

その鍋料理に名前を付けるに当たり、「広東人」の方が食べていた「煮込み料理」なので、「広東煮」だろうなと考え、「かんとだき」と名付けたそうです。
ですから、「たこ梅」の「かんとだき」の由来は「広東煮」だそうです。
 
     
  「関西」 と 「関東」のおでん  
     
  一般には、関西のおでんは「薄味」で、関東のおでんは「濃い」というイメージがありますが、うどんの出汁などと同じように考えられているせいであって、そのようなことはないようです。

関東で有名なおでん屋さんの「お多幸」さんは、確かに色目にもかなり濃い出汁をお使いですが、「一平」さんは、透きとおった出汁をお使いです。

「たこ梅」のおでんは、見た目は薄い飴色ですが、その味わいは見た目よりはあっさりで、それでいて、コクのある出汁が特徴です。

日本全国のおでん屋さんを調査したわけではありませんが、明治時代までに創業されて、その後も味を守っておられるお店やそういったお店で修行されたり、暖簾分けされたお店は比較的濃い目の味付けが多く、大正、昭和に入ってから創業されたお店は、透き通るような出汁のお店が多いようです。

また、年代ばかりでなく地域による違いも大きいのが「おでん」の特徴といえるかもしれません。
例えば、名古屋ですと、現在も味噌ベースの出汁でつくる「味噌おでん」があります。

これからも、日本全国のおでんを食べ歩いては、内容を充実させていきたいと思います。

また、お客様の地域でも「こんなおでん種あるで!」とか「こんな食べ方してる!」ということがございましたら、是非、メールでお知らせ下さい。
 

    ホーム会員登録注文方法支払方法・送料返品・交換買い物カゴを見る
    おでん(関東煮)たこ甘露煮錫器(上燗コップ・徳利)Tシャツ
    サイトマップよくあるご質問お問い合わせご意見・ご感想
     
    おでん専門店「たこ梅」のお取り寄せ・通販(通信販売)ネットショップ
    おでん、たこ甘露煮、錫器を通信販売でご購入いただけます
    おでん屋「たこ梅」(大阪の実店舗)のホームページへ
     
    IE6以上、文字サイズ「中」で、レイアウトが見やすく表示されます
    Since 2006/10/24
    Copyright (C) 2006-2013 Takoume Inc. All Rights Reserved.